郵便

できるだけ見てもらいたい広告郵便に適した圧着ハガキ

穴あき封筒

圧着ハガキの代表的な使い道として、広告郵便に活用する方法があります。広告郵便は、受取人に商品やキャンペーンのアピールをするために発送されます。圧着ハガキを利用すると、2倍3倍の情報を載せらるようになりますが、それでいて郵便料金は普通ハガキとは変わらず、封書より安いです。そのため、低コストでたくさんの情報を盛り込んだ広告郵便を作りたいなら、圧着ハガキがおすすめです。
作成は業者に依頼すると、送って恥ずかしくない綺麗な広告郵便になります。圧着ハガキには折り方や圧着方式によって色んなタイプがあり、業者ごとに扱っている種類は異なります。ただし、圧着方式の違いはさほど重要でもないので、実用的かどうかや料金などをみて利用する業者を選ぶと良いです。
圧着ハガキのメリットは、見てもらいやすいということも挙げられます。袋とじのように隠されているものは、受取人は心理的に開けたくなります。しかも簡単に剥せるので、開けてみたいという欲求を阻害する事情もありません。その結果、開封率は高くなるため、できるだけ受取人に見てもらいたい広告郵便に相応しい媒体となっています。これは、自分が圧着ハガキの広告郵便を受け取った時のことを考えると分かると思います。

圧着ハガキが広告郵便に最適な理由

広告宣伝について考えている方は、「圧着ハガキ」をご存じでしょうか?ハガキを二つ折りや三つ折り、またはZ型に折って圧着したものです。作成は業者に依頼すれば簡単です。そしてこの圧着ハガキは、広告郵便におすすめなのです。
そのメリットはまず、受け取る人がそれを意識しやすいところにあります。近隣に一斉配布するポスティングなどとは違い、宛名付きで自分の手元にハガキが届くのです。ですから、自然と目にとまりやすいのではないでしょうか。
そして二つめのメリットは、圧着ハガキならではのメリットで、情報量の豊富さにあります。確かに宛名の書かれたハガキを受け取れば目にとまりやすいかもしれませんが、ハガキというのはそう大きくありませんので、そこに書かれている情報量もそう多くはありません。しかし二つ折り、三つ折りされた圧着ハガキならば、その2倍、3倍の情報量を掲載することができるのです。
最後のメリットも圧着ハガキならではのメリットで、デリケートなことを訴えることができる点です。身体的なこと、経済的なことなど、個人的でデリケートな話題に触れる場合は、宛名付きのハガキで広告が来た場合に、受け取る人が拒否反応を示す場合もあります。しかし、圧着ハガキならばその部分を折り込んで、誰にも見られることなくその人に届けることができます。そのような配慮が可能になることも、圧着ハガキのメリットではないでしょうか。

郵便料金値上げで検討したい圧着ハガキ

いよいよ消費税増税を迎え、モノの値段やサービスの手数料料金が上がりますが、もちろんハガキや定形郵便などの郵便料金も例外ではありません。基本料金が通常ハガキが62円から63円、往復ハガキでは124円から126円、25グラム以内の定型郵便に至っては82円から84円に上がる予定になっています。
そこでおすすめしたいのが、二つ折りの内側に用件を記して、特殊なノリを塗布して圧力をかけ、接着した圧着ハガキです。最近は携帯電話会社などからの通知や請求書などで利用されています。圧着ハガキですと、1通辺り往復ハガキや通常ハガキ3枚分と同じ情報量を維持したまま、通常ハガキの郵便料金で郵送できます。
また圧着用ハガキ専用のノリを用いて圧着して郵送されるので、開かないと中を見れないことで「開きたくなる心理」をくすぐるため、通常ハガキのダイレクトメールよりも中身を見てもらいやすくなる効果があることや、往復ハガキを郵便局の機械で仕分けする際に、往復ハガキの片方が破けるといった郵便事故が起こりにくい点、圧着によって団体の出欠、契約内容といったプライバシーがより守られやすい点でおすすめです。
500枚や1000枚といった大量の広告郵便や、同窓会などの案内ハガキを差し出される場合は、ぜひ作成は業者に依頼した上で、圧着ハガキを出すことを考えてみてはいかがでしょうか。

ピックアップ

  • 圧着ハガキを使用すればより多くの情報を伝えられる

    圧着ハガキというのは紙の内側に専用の糊を塗り、そこに圧力をかけて接着したハガキのことを指し、普通のハガキよりもプライバシー保護が行き届く上に、情報量も増やすことが出来るというメリットがあります。ハガキ用紙を折った状態で圧着するので、開いたときの…

    詳しく

  • 圧着ハガキは中身を確認されやすいのがメリット

    圧着ハガキを広告郵便として使うと大変便利です。圧着ハガキはシールのようにはがして中身を見るタイプで、普通のハガキと同じ金額で発送できるのが特徴です。そのため見開きページのように剥がした状態なら情報量は普通のハガキの数倍入ります。広告郵便…

    詳しく

TOP